So-net無料ブログ作成
検索選択

暑中見舞いの時期と返事のマナーを確認!2016年はどうか?知識ある大人になりたい。 [プライベート]



このページは新しいサイトに移転しました。 新しいサイトへ自動的にジャンプします。



インターネット社会になり、
郵便の利用は激減した。

特に、はがきの使用は年賀状と、
この暑中見舞いくらいだろう。

そして意外にもその知識を、
明確に知っている者は少ない。

今回は、暑中見舞いの時期と、
返事のマナーについて、勉強したい。


暑中見舞いの時期 2016年は?

暑中見舞いを出す時期については、 諸説あり、これらは毎年、 日にちが違うから困る。 ・暑中見舞い開始時期   夏土用:7/19 or 20 or 21    小暑:7/6 or 7 or 8  梅雨明け:7/中旬 ・暑中見舞い終了時期    立秋:8/6 or 7 or 8 立秋以降は残暑見舞いになる。 残暑見舞いは8月31日までに必着が マナーであり、返事は残暑見舞いになる パターンが多い。 因みに2016年は、   夏土用:7/19    小暑:7/7  梅雨明け:未定(関東の平均:7/19)    立秋:8/7 この期間に届くべき、となっている。 どの説を選ぶかは人それぞれだが、 小暑については七夕であり、 梅雨も開けてないのに暑中見舞いが 届くというのも、違和感がある。 梅雨明け宣言後、すぐに出せる様に 準備しておくのが、吉と思われる。

暑中見舞いの返事のマナーと

通常の暑中見舞いには、 通常の常識で事足りるだろう。 インターネットで調べて、 例文通りに書くだけでも問題はない。 しかし、返事となれば、通常の手紙、 電子メールやSNSメッセージ等も、 同様に、相手から頂いたものが、 どのような内容なのか、そこに触れる事 が大切である。 例えば、子どもの写真や成長ぶりが 載っていれば、その事に触れる文面 があれば、 返事を貰った相手は喜ぶものだ。 他にも、コチラを気遣う文章があれば、 そこへの回答も書くべきだろう。 事務的に、みな同一文章では せっかく返事を送っても 逆に印象を悪くする場合も多々あるので 気を付けたいポイントだ。 一斉プリントのものであれば、 余白に一筆、付け加えれば良い。 その人の為に、わざわざ手間をかけた 文章というのが喜ばれるポイントだ。 暑中見舞いを頂いたお礼の文章も 必須であり、忘れないようにしたい。 暑中見舞いと残暑見舞いの返事と時期 暑中見舞いの返事は残暑見舞いで、 残暑見舞いの返事は普通の手紙で、 といった形が自然だろう。 届くべき期間は、 暑中見舞い:梅雨明け~立秋 残暑見舞い:立秋から8/31 普通の手紙:9/1~なるべく早く。 季節というものは、 時代によって移りゆくものなので、 十二節なども不自然な感じがするが、 これに惑わされてはいけない。 立秋がお盆前というのも、その例だ。 近年は長い場合、11月上旬まで 暑い日が続く年もある。 まして9月などは真夏日の日が多いが、 暑中見舞いは日本の古い習わしなので、 その規則性に準ずるべきであろう。 だが、残暑見舞いに関しては、通常、 白露(9/8あたり)までとされているが 8月中に出すのが吉。とされている。 日本は南北に長い国なので、 季節感も大きく差の出る年もあるので、 出来るだけ無難な方を選択したい。 そして、出来れば、梅雨の間に準備して 梅雨明けと同時に投函したい。 現代では、 メールやライン等で済ませる方も多い。 だがこんな時代だからこそ、 手紙を使用する事で、 先輩、上司、後輩、部下、友人、親族、 あらゆる人から好感を持たれる事は 間違いない事実だ。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。